池袋のセクキャバで受けられるサービス内容と上手に楽しむコツを紹介

池袋のセクキャバで上手に楽しむコツ

口元を押さえる女性

池袋にはお酒が飲めるお店はたくさんありますし、女の子がテーブルに付いてくれるキャバクラなどのお店もあります。しかし、お酒を飲みながら女の子が寄り添ってくれて、おしゃべりだけでなくイチャイチャできてしまうのはセクキャバくらいです。池袋の繁華街には色んなタイプのセクキャバ店がありますから、好みに応じて選べるのもメリットです。

飛び込みで知らないお店に行ってみて、素敵な女の子との初の出会いを体験するのも楽しいです。フリーで入店すれば女の子が何回か入れ替わりますから、色んな女の子と楽しむことができます。ネットで事前に池袋のセクキャバ店について調べておいて、好みの女の子を指名するという方法もあります。その女の子の出勤日に合わせてお店に行くのもいいですが、人気の子だと忙しくて楽しめない場合もあります。確実にお目当ての女の子とイチャイチャしたいなら、事前に予約しておくのがおすすめです。

初めてセクキャバを利用するなら、マナー違反だけは避けるようにしましょう。お店の人が禁止事項などを説明してくれますから、きちんと守るのが重要です。また、いきなりお触りするのではなく、会話で雰囲気を盛り上げてから徐々にスキンシップを図るようにしましょう。

池袋のセクキャバではどんなサービスが受けられるの?

セクキャバで主に受けられるサービスはお店によって違いますが、下半身のお触りNGのお店がほとんどです。
簡単に言ってしまえば「おっぱいを触れるキャバクラ」ということになります。
サービスタイムを設けているお店が多く、サービスタイムになると店内が暗くなり女の子がより一層積極的になります。
膝の上に乗ったりおっぱいを押し付けてきたり、サービスタイムならではのおもてなしをぜひ堪能してください。
東京、池袋にはソフトなセクキャバからハードなセクキャバまでいろいろなお店が揃っており、池袋には約40軒のセクキャバがありコンセプトもそれぞれ違ってきます。
巨乳に特化した店舗、若い女の子が多いお店、女の子が全員ナースのコスプレをしていたり好みに合わせて選ぶことができるところが池袋の人気のひとつです。
団体様OKのお店ではちょっとエッチなゲームなどを楽しめるお店もあり、複数人で行っても楽しむことができるようになっているのも嬉しいところです。
もちろん、好みの女の子を指名することもできますので、自分好みの女の子をお探しの方は全員が顔出ししているお店を選んで、事前に女の子を指名しておくことをお勧めします。
また、初めての場合はその旨を伝えて入店しましょう。

池袋のセクキャバ・いちゃキャバの料金やシステムの違い

セクキャバといちゃキャバはシステムと料金が少し異なってきます。
セクキャバというのは、上半身のお触りOKで女の子は上半身の服を脱ぐことができるので、生でおっぱいを触ることができ、舐めることも可能です。
対していちゃキャバは上半身のお触りOKですが、服を脱ぐことはありませんので、あくまで服の上からおっぱいを触ることができます。
そのため料金も異なります。セクキャバの基本セット料金は東京、池袋の平均で約8000~10000円、いちゃキャバの基本セット料金は約6000円~8000円程です。
基本のセット料金ですので、別途料金が追加される場合もあります。
池袋ではセクキャバといちゃキャバを合わせて約40店舗以上あります。キャバクラ初心者の方はまずいちゃキャバから始めて、慣れてきたらセクキャバを楽しむのも良いでしょう。
また、池袋はさすが東京といわんばかりの美人揃い可愛い人が多いと言われています。
かわいい女の子と彼氏彼女のようにソフトないちゃいちゃを楽しみたい方はいちゃキャバへ、もっとしっかりハードな刺激を味わいたい方はセクキャバへ足を運んでみてください。
どんな女の子がいるか不安な方は、事前にネットで調べて行くことをお勧めします。

PICK UP CONTENTS

»More Contents

MENU LIST

TOP